がん・ガン・癌スーパーリンク
サイトの推薦運営会社
Yahoo!ブックマークに登録
腎細胞がんの情報交換掲示板
腎細胞がんの情報交換や交流、イベント告知などの掲示板です。
腎臓癌
2009年4月23日 14:481.(匿名)
腎臓癌の情報交換の場としてご利用下さい。
2010年8月9日 13:332.うさりん
家族が、腎臓がんでひとつ腎臓をとり一年半後に肺に転移して肺の一部をとりました、これから抗がん剤の治療にはいります、再発、転移がとても不安です。いい情報があれば教えてください。
2010年8月26日 16:563.まろ
あなた様は一年半も前から御家族のみなさんとガンの治療について考えて来られたのですね。
私は、つい昨日家族に腎臓ガンが見つかり、情報収集していたらあなた様の質問に出会いました。
もし手術して転移が見つかったら、ノエビアのアガリクスを使おうと思っています。そしてユーモアを忘れず、みんなが笑顔でいられるようにお笑いを見ます。
御家族の方の治療が成功することを心からお祈りします。
2010年8月28日 01:534.アガリクス
アガリクス・・・
まだ信じている人がいるとは。。。
まったく何も効果は無いです。
2010年9月1日 10:415.まろ
アガリクス様、アガリクスに本当に効果はないのでしょうか。運気UPのおまもりなのでしょうか。

まだ私たち家族はこれから足を踏み入れるところです。
手術、検査、治療…本人の苦しみを、代わることはできません。できることしかできませんが、できるだけ全部したいと思っています。
健康食品にも流行と不易があるようです。アガリクス様の「まだ信じている」と言う言葉は「最新の情報では」という内容につながるのだと思います。勉強不足を指摘されましたので、もっと調べたいと思います。ありがとうございました(v^-゚)。
2010年9月5日 10:006.マネーの力
お金があれば可能性が一気に広がります。

例えば、1本100万円近い免疫療法の注射を何本も打って末期症状から全快した会社社長の奥さんを知っています。

また、中国やインドなどに医者付きのプライベートジェットで行って腎臓移植を受けた方も知っています。

お金があればね、、、
人を救うのにもお金なんです。
2011年1月11日 14:247.(匿名)
私の場合は癌と判った時は両肺に転移にリンパにも
余命1年とのことうまくいっても3年でしょうの宣告
手術して2ヶ月て゜退院、後は週5日のインターフェロン、熱とだるさとの戦いでした。それも6ヶ月で間質性
肺炎を患い薬はストップ。治療方法がなくお先真っ暗でしたそんな時再度抗がん剤インターフェロンの再投与の話ここで肺の先生と泌尿の先生の意見が分かれて
自分が決めなければならなくなりその時肺の先生が言われた言葉が癌になってる人には失礼ですが癌は進行しなければ死なない病気です。いかにうまくつきあうかでしょうという言葉で勇気付けられて現在5年が過ぎ
元気で仕事をしています。
2011年4月24日 14:428.たいへい うづまさ
みなさんは本当の癌の仕組みをご存知ですか?
私の父は、腎臓癌をやり、手術をして命は助かりましたが、お医者さんの治療には納得いきませんでした。

下記は、私が作ったHPですが、癌について書いてあります。
現代医療に疑問を感じている方、手術もできずに苦しんでいる方、どうぞ一度、私のHPをご覧になって、何かをつかんでほしいと思います。基本的なことばかりの内容ですが、まだ多くの方が、この基本さえ知らないのす。
現代医療に疑問を感じている方々、癌に苦しんでいる方々、どうぞご一読なりともしてみてください!そして、何か「役に立った・・・」と思って頂るものがあると思います。

「健康のための 人間読本」
http://uzumasataihei.web.fc2.com/
2011年5月5日 15:4510.たいへい うづまさ
9.(匿名) 様へ
8のたいへいです。私の父は右腎臓癌で全摘出をしました。疲れが出るのは、おそらくは、体が手術跡を治癒しているからだと思います。生意気なことを申します。手術後は、現代医学の医者は何にもしてくれません。それに、「有効な薬」などと、都合のよい医薬に頼ってはダメです!9様は、まだ「癌の本当の仕組み」をご存じないと思います。癌は、体内を浄化して初めて治っていくのです。「食医学」から見つめないといけません。医者は悲しいほど何も教えてはくれないのです。8にある、私のHP「健康のための 人間読本」で、分かりやすく説明していますから、BBSも合わせて、どうか、ご一読ください!癌について書いてあります。私が必死にたどり着いた内容です。どうぞ、よろしくお願い致します。
2011年5月9日 09:4812.たいへい うづまさ
11.(匿名)様へ
8.10.の たいへいです。お返事ありがとうございます。嬉しいです。このように、理解して頂けると、有り難いと思います。私の父は、腎臓の手術後、徹底的に、食事改善、安全な断食で、体内浄化に努めました。そのお陰で、父は今も元気です!病院はこんなこと教えもしてくれませんでした。私は自分で探し求め「食養学」「断食医学」「甲田療法」にたどり着きました。ぜひ、「甲田光雄」医博の図書も熟読なされて、食事改善だけでもしてみてくださいね!
返信する
名前
※本名は書かないでください
※未入力の場合は (匿名) と表示されます
削除用
パスワード

※半角英数字6〜16字で入力してください
本文
※文字数は2,000字以内です
※タグは使えません
※URLは自動的にリンクに変換されます


1SORAの■腎臓癌■日記
2乳がん末期 闘病ブログ 碧の日記
3いきなり脳腫瘍〜病名が聴神経腫瘍→髄膜腫→右脳腫瘍。手術後に東日本大震災〜
4乳がん闘病記 〜わたしのおっぱい〜
541歳…マンマの『肺がん末期宣告からの闘病記』
6Be alive !! -ゆきもぐの白血病闘病記-
6ようちんの聴神経腫瘍 闘病記
6うららかな時間
6だりぴよ亭
10not2bad:悪くはない。たぶん。

ランダムピックアップ
海外癌医療情報リファレンス » NCI(アメリカ国立癌研究所) » NCIキャンサーブレティン » 2011/...
平和なわが家に嵐のような日々が・・・ぐうたら母さんはどうなるんでしょう